公式 LINE アカウントで新着情報配信中!

祝・再始動!ニトロの足元を飾った別注エア・フォースワン

野田

これはニトロのフォースワン・ミッドカットで、1999年から2009年のベストアルバムを発売したときのモデルですね。

アルバムのジャケにもフォースワンのロゴが入ってたし、中にステッカーも入ってたし

遠山

ナイキ、フォースワン、ニトロ…こりゃ世代的にもクルゼ( 野田 )だな

野田

ですね。 2枚組のベストアルバムの発売に合わせてこれもシュータンのタグに1999-2009って入っていて、アルバムのジャケットと同じセメントパターンの黒金になっていてインソールにニトロのロゴが入っている。

このアルバムの1曲目「 LIVE09 」のビデオクリップでこのフォースワンをみんなが履いていて。あの駆け上がるようなリフがめちゃくちゃカッコよかったなぁ〜

瀬戸

なんか一番ニトロっぽい色すよね。このセメントパターンって、すごいニトロっぽいイメージあります。あと黒金。この前にデルタフォースも出てたけど、これが一番ニトロっぽいすよね


画像引用:SKIT

野田

2ndアルバムのときだよね。あれもCDのケースがNIKEの箱をデザインしたものになってたもんね

世界をリードしていた
《 あんときのスニーカーシーン 》

遠山

リリースにあわせてナイキで別注とか、今じゃなかなかできないよね?

野田

いや、無理ですよ。何人かはいるけど、それを日本人でやってたってのがスゴいなって。

2000年前後からスニーカーは日本が断然世界をリードしてましたよね。日本手動によるダンクの復刻を皮切りに、co.jp みたいな日本規格もあったし、( 藤原 ) ヒロシさんとNIKE のお偉いさん2人の三人で組んだHTM、ヘクティックが運営していたフォースワンの25周年ショップ「 ワンラブ 」とか。

今考えると、ものすごいことがそこかしこで起きていた

遠山

ヒップホップ = ナイキって感じもあるし、この時なんてストリート = ヒップホップみたいなとこもあったもんね

野田

ですね。マッドフット!のダームワンでもニトロ別注、というかナイトロウ別注があったんですけど、やっぱりニトロ = ナイキのイメージが強いですよ


画像引用:Alternate Sneakers

瀬戸

やっぱりセメントパターンがアツいですよね!それこそワンラブの上にあったIDスタジオって、セメントパターンが使えるプレミアムな場所だったんだよなぁ。

ほかにもジョーダンのパロディブランドでマイクってブランドありましたよね?クライアンテールってスニーカーショップのオリジナルで。総セメントパターンのTシャツとかキャップとか作ってるブランド


画像引用:SIX-DEGREES

野田

あった!あったあった 笑

つか、クライアンテールってサラって出してきたけど、ものすごい懐かしいわっ!

瀬戸

ですよね 笑  そんくらいセメントパターンは流行ってましたよね

野田

2002年のジョーダン3がモチーフになったシュプリームのダンクが個人的ピーク。王様同士の初めてのコラボでしかもセメントパターン。ハンパなくカッコよかった

画像引用:FLIGHT CLUB

遠山

フォースワンってさ、ナイキのスニーカーの中でもボリュームがある方じゃない。ソールも厚いし。だからヒップホップのルーズな感じと相性良いよね

野田

キング・オブ・スニーカーですよね。

東京スニーカー史」によると、日本において早くからフォースワン引っ張ってたのってMUROさんなんですって。「キング・オブ・ディギンがキング・オブ・スニーカーを」っていう、ここも王様つながりという出来すぎた話で ( 笑 ) 。ロードフィネスのジャケット見て買い付けたって話なんで、92年〜93年頃。まだサベージ!じゃなく、スティルディギンでもなく、下北のスターリッチ時代という。

その後はチャプターと。確かに96年のオープン以降、世界中のフォースワンをズラリ揃えて売りまくっていたイメージがある

瀬戸

やっぱりフォースワンって特別ですよね。それををいじれるって、やっぱその時代を代表する存在なんだよなぁ。ここ最近でいくとオフホワイトとかア・コールド・ウォールとか

野田

そうだよね。でもそういうのができるのは《あんときのストリート》の中心にいた先輩たちのおかげなんだよ。

これも「東京スニーカー史」で読んだんだけど、日商岩井の手を離れ、本国のコントロール化におかれた新生ナイキジャパンの当初は「すべてのアスリートのために」ってことで、雑誌への貸し出し禁止などストリートとは距離をおいていたみたい。エアマックス95を中心としたハイテクブームでおかしなことになってたみたいで。でも結果的にそれが98年の大不振につながると。

ナイキとしては有名なアスリートが着用 = 売れるという経験則の中で、そういう判断になったんだろうけど、ファッションという観点では圧倒的にヒロシさんなど《あんときのストリート》の中心にいた先輩たちの方が影響力あるわけで。

その反省を経て一気にストリートとナイキの距離が縮まって、裏ダンクを皮切りにco.jpや各社の別注がはじまっていくと

瀬戸

そうなんですね!確かにそのくらいから別注も一気に増えた気がする。FC レアル・ブリストルもその辺のスタートなのか。ナイキとこんなことできちゃうんだって思いましたもん。

このフォースワンは2009年のリリースなんで、そこから10年。この頃はもうストリート後期になるんですかね?

遠山

2009年だと、俺はオーリーにいなくてワープでやってた時なんで結構後期かな。一般的なストリートムーブメントみたいなのはゆっくり下り坂だったような気がする

瀬戸

タイミング的にも今思うと節目な1足なんですかね

遠山

これは盾とかトロフィーに近い感じよね。フォースワンでこういうグループコラボのモデルが出せるってこと自体が栄誉だし。ゴールドだったり、象徴的なセメントパターンだったり、自分たちを象徴しつつも「 やったぜ感 」を感じるというか。

なんか、そういうのもヒップホップらしいっていうか。成功の象徴ともいえる1足なんだろうね

瀬戸

確かに。他の商品に比べて、いいお値段で売ってましたしね

野田

ニトロも復活記念ってことで、振り返るにはちょうどなタイミングですしね。6月20日のライブに「ここぞ!」とばかりにこれ履いていった人いるんだろうな 笑

そういえば新曲の「 LIVE 2019」についてツイートしたらBIGZAMさんがリツイートしてくれて嬉しかったことを最後に付け加えておきます 笑

※ 記憶が頼りでして事実と違うことがあったら、すいません!